スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胎教コンサート

山梨のとある産婦人科医院にて『胎教コンサート』をしてきました。
ピアニスト栗原正和氏にお誘い頂き、ご一緒させていただきました。

胎教コンサート

こちらの院長先生は音楽がお好きで、医院内にグランドピアノのあるコンサートスペースがあって、定期的に『胎教コンサート』を開催しているそうです。

やっぱりフリューゲルホルンは胎教にも良いようです。
おかあさん方の優しい顔がたくさんでした。
お腹の赤ちゃんのお姉さんになる予定の2~3歳の女の子2人が、演奏中に客席でお友達になり、数曲後に手をつないで会場を出て行ったのには、なんとも微笑ましくなりました。

よく、結婚式で演奏させていただくことがあるのですが、それに近い、とても幸せいっぱいの会場でした。
アルバムを聴いていただいた方に以前「YUHKIの音楽は産婦人科とかにも合うだろうから、営業すれば?」なんて言われた事があったのですが、今回実証できました。

どなたか産婦人科を紹介してー。


演奏会の後は、温泉に連れて行っていただきました。
その名も『ほったらかし温泉』
有名なんだそうで、駐車場にはいろんな地方の車が止まっていました。

ほったらかし温泉

山の上にあり、「こっちの湯」と「あっちの湯」があって、今回は「あっちの湯」。
夕暮れ前に入ると、眼下には甲府盆地が広がり、それを囲むようにして横たわる山々の向こうに真っ白な富士山。
それが次第に右手に沈み行く夕日の光に照らされてキラキラとひかり、それは壮大な光景でした。
さらにしばらくすると、辺りはまっ暗になり、今度は電気のキラキラが敷き詰められます。
新日本三大夜景のひとつなんだそうです。
写真撮りたかったけど、つかまりたくないので断念。

吹いた後に露天風呂につかり、いろんな景色を堪能。
贅沢な時間でした。


〆はやっぱり「ほうとう」

ほうとう

おいしかった。


行きの特急列車での出来事。
後ろの席には5~60代のご夫婦が座っていて。
こういう時、何故か座席のリクライニングをたおすのをためらってしまうんです。
でも、しばらくすると、その後ろの男性がひょっこり顔を出し、「どうぞシートを倒して下さいね」と笑顔で声をかけて下さったのです。
びっくりしました。
こんな心遣いができる人間になりたい、と思いました。


列車で、演奏会で、温泉で、ほうとうで。
この日は心も体もあったまる最高の一日でした。


あ、このブログ、2週間近くほったらかしていて、ごめんなさい。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#472
読んでるこっちまで、
ほっこりしました。
心豊かになる時間、
やっぱり必要ですねぇ。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。